津波の跡、百人一首にも2020/02/15 11:00

百人一首の清原元輔「契りきなかたみに袖をしぼりつつ末の松山波越さじとは」の末の松山が多賀城にあることは知っていたが、歌の意味を考えたことはなかった。ボクが生まれた松島町から仙石線に乗って仙台に行く時に通過する駅である。多賀城は坂上田村麻呂が東北鎮守府として構築した城だとされている。ちなみに元輔は清少納言の父である。
東京新聞2020年2月15日号は、「古文書と災害」シーリーズの第1回目として、貞観地震(869年)を扱っている。この地震、については、平安時代にまとめられた「日本三代実録」(858~887年の出来事を記録。菅原道真も編集に参加)に記録されている。震度6と推定される地震のあと、津波は内陸部まで侵入し、死者は1000人を超えたという。この時、末の松山の手前で津波が止まったことが、都人の歌に詠みこまれていたのである。
産業技術総合研究所などの調査で、貞観地震の津波が運んだ砂の層が内陸部に確認されていて、そこから得られた津波侵入エリアと、今回の東日本大震災での津波侵入エリアは、図のようにぴったりと重なっていることが確認されたのである。
この貞観地震について、検討会委員が指摘したにもかかわらず、国と東電が無視していたことが明らかになっている。

マコケン講演会(3/1)2020/01/17 12:04

2020年3月1日

避難者損害賠償訴訟愛知岐阜の控訴審(だまっちゃおれん裁判)原告団のイベント午後の部

マコケン講演(3/1)am2020/01/17 12:00

2020年3月1日

避難者損害賠償訴訟愛知岐阜の控訴審(だまっちゃおれん裁判)原告団のイベント

図説・放射能測定マップ読み解き会iin東京2020/01/15 00:57

懇親会参加メンバー~みんないい顔してる

昨日は、東京で「読み解き集の読み解き会」でした。
東京のメンバーでやればいいのですが、今回は
詩人のアーサー・ビナードさんとのジョイントだったのでお声がかかり、
日帰りで上京しました。
11月に神戸から呼んでいただいた時のジョイントが好評だったので、
それを東京でもということでした。
ボクはどこの馬の骨ですが、彼のファンはたくさんいて、
彼目当ての参加者が多かったようです。
彼とのジョイントは2度目になるわけですが、なかなかいい男です。
話の切れもいいし、センスも申し分ありません。
こういう人がどうやって育ったのでしょうね。
アーサー節が1時間、大沼節が1時間、
その後 1時間の対談でした。
とても良く勉強していて、対話のリズムも良く、楽しい時間でした。

ボクは放射能汚染廃棄物の話、彼は紙芝居「ちっちゃな声」と原爆の話、
対談では、東京オリンピックの話が中心になりました。
2月中旬に、オリンピック批判の絵本が刊行されるそうです。
三段跳びの織田幹夫(広島出身、アムステルダムの金メダル))、南部忠平(札幌出身、1932ロサンゼルスの金メダル)の
どちらだかのオリンピック批判の話が出てくるそうです。
(次の1936はベルリンで、田嶋直人が金メダルでした。)
そして、1940年が紀元2600年記念行事としての
東京オリンピックと万博の同時開催でした。
もちろん、ドタキャンとなり、幻となりました。
ちなみに、1944年は、ムッソリーニ独裁のローマの予定でした。
オリンピックは、この時すでに終わっていたのですね。

避難の損害賠償訴訟愛知岐阜判決が出た2019/08/13 11:26

8月2日、福島原発避難者損害賠償訴訟愛知岐阜の判決が出ました。
すでに多くの皆さんが知っておられるように、まさに不当判決でした。
国の責任はいっさい認めず。東電の責任は認めたものの、
賠償額は政府が出した中間指針を是として、すでに賠償金として支払われた分を引くと何も残らないという方もいるというひどいものです。
避難の相当性が認められた期間もごくわずかです。
6年間闘ってきたことは一体なんだったのかと原告から怒りの声が出ました。
小生は、この裁判については、数人の原告の方の避難元の土壌測定や汚染マップ制作などで
ささやかなお手伝いをしただけでした。積極的に関わってこれなかったことが悔やまれました。
控訴審(まだ控訴手続きは終わっていませんが)の応援団を増やしたいものです。

こういう判決を書いて、涼しい顔でそれを読み上げることが出来る男というのは、大飯原発差し止め判決を書いた樋口元裁判官が言うように、忖度男ではなく、勉強しようとか、視野を広げようとかする気が全くない、古い価値観と、馬鹿暗記の法律知識だけの馬鹿ものなのだろうなと思いながら判決要旨の読み上げを聞いていました。
原発のような高度で難しい装置を動かして、日本国に電気を提供してきた東電。
そこに不運にも大地震と大津波がやってきた。これを法で罰するのは無理だと思っているのではないでしょうか。
(判決骨子では、地震の予測可能性は認めたものの、それを回避するための努力については、
 地震対策で目いっぱいで、津波対策までは手が回らなかったことをやむを得ないものとしているようです)
この男は、地震列島の上で、取り返しのつかない事故が起きるかもしれない原発を
動かすこと自体が未必の故意であり、本来はやってはいけないことだったという風には決して考え付かないのではないでしょうか。
原発の耐震強度が1000ガル以下であって、ミサワホームの木造住宅が3000ガルに耐えるというのを聞いて、
原発はダメだと確信したという樋口元裁判長とは大違いです。

弁護団による記者会見と交流会を聞いていて、
弁護団に負けた悔しさが全く感じられないのにもちょっとびっくりしました。こんなものなのかと思っていたら、
各地の訴訟を担う弁護士さんたちは全く違って、不当判決に対する怒りと今後の闘いに向けたファイト満々でした。
この違いはいったいなんなのでしょうか。
新聞記者から、判決要旨に関して「政府による津波回避の義務について、原告側からの立証が無かったから判断の対象としなかった」と
書かれた部分の追及がありました。
いくつかの裁判に関わったことがありますが、こんなことを判決に書かれたというのを初めてみました。
控訴審では、よほど体制を組み直し、国の責任と東電の責任を明らかにしていかなければいけないでしょう。
被曝被害、生業喪失、ふるさと喪失被害についても、
きちんとした原告側からの戦略をまとめてぶつける必要があるかと思いました。